Service

Home > Service > Repair-ボディリペア(鈑金)の作業工程

ボディリペア(鈑金)の作業工程【樹脂パーツ】

(ボディのキズの状態により作業内容が異なります)

Before

バンパー下側部分に擦り傷が見られます。

受付担当者がお客様と車の状態を確認しながら、リペアの内容について打ち合わせを行います。

鈑金-before

1.マスキング作業

リペア作業を行う部分以外をマスキングテープで養生します。

鈑金1-マスキング

2.リペア作業

キズが付いている部分と周辺を削っていきます。

​キズの状態に応じてパテで成形をしたり、ヒートガンを使用して凸凹部分を熱して柔らかくして戻すなどの方法で元の形状に直していきます。

鈑金2-リペア作業

3.プライマー・サフェイサー作業

塗装を行う面に、下地と塗装面の密着を高めるプライマーと、下地処理や錆の防止を目的としたサフェーサーの塗布を行います。

鈑金3-プライマーサーフェイサー

4.測色作業

測色機を使い、お車のボディの色をデジタルデータで測定します。

鈑金4-測色

5.調色作業

測色機のデータから算出された塗料の配合に基づき、塗料の調色を行います。

鈑金5-調色

6.色合わせ

調色した塗料をテストピースに塗装して、ボディと見比べて配合を調整します。

鈑金6-色合わせ

7.研ぎ作業

サフェーサーを塗装した面を研いで仕上げていきます。

少しずつ細かいペーパーを使いながら、ペーパーの目が残らないように丁寧に作業を行なっていきます。

鈑金7-研ぎ作業

8.養生作業

塗装を行う前に、塗装面以外の部分を養生シートを使い覆っていきます。

​吹き付けされた塗料は小さな隙間からも入っていくので、マスキングは丁寧に行います。

鈑金8-養生

9.ベースコート塗装

汚れや油分を脱脂剤を使い丁寧に拭き取り、調色した塗料を吹き付けていきます。

​元のボディの色と馴染むように、数回に分けて慎重に塗装します。

鈑金9-ベースコート塗装

10.クリア塗装(トップコート)

ベースコート塗装の上からクリア(トップコート)を塗装します。

ベースコート面を保護しボディに艶を出す役割を果たします。

​塗装面が均等になるように塗り重ねていきます。

鈑金10-クリア塗装

11.乾燥

クリアは厚みがあり乾燥に時間がかかるため、ヒーターを使いしっかり乾燥させます。

​加熱しすぎるとクリアが湧いて気泡の原因になりますので、周辺の温度を測り一定の温度を保ちながら乾燥させます。

鈑金11-乾燥

12.磨き作業(仕上げ)

塗膜が硬化したら塗装面を仕上げていきます。

​目の細かいペーパーを使って小さなホコリを取り除き、コンパウンドとポリッシャーを使って、表面を整えながら磨いていきます。

鈑金12-磨き作業

完成

養生しているテープを取り除いて完成です。

鈑金-after
 
a href=”0798342323” onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘click’, ‘tel-tap’);”